媚薬のタイプについて

媚薬は女性の性欲欲望を引き起こすものです。女性が催淫剤を利用することで、男性とセックスしたいという気持ちになりやすいです。そのほか女性が更年期障害等で濡れにくいとか、感じにくいとか、この性の悩みを改善することもできます。女性専用媚薬の歴史が長いです。歴史的には、刺激性物質の入った食材が媚薬とされることが多く、玉ねぎなど一般的な食材も媚薬扱いされていた時代もあったのです。この刺激性物質は近代の媚薬の成分になりました。この刺激性物質から、刺激性成分を抽出して、作られたものは媚薬です。

そして媚薬には3つのタイプがあります。

飲むタイプの媚薬は行為の直前(30分~60分前)に服用するものが多いです。中枢神経への刺激により、血行を促進し、女性の性的興奮を促し、分泌物が多くなって、感度も上がります。分泌物が少ない、不感症などを改善します。

塗るタイプの媚薬は、性器に直接塗って使います。これは性器を直接刺激することによって感度を高める効果があります。女性ホルモン不足、アソコ愛液不足、乾燥や性交痛など病気に良い治療効果があります。

香水タイプの媚薬は動物や昆虫では雌が雄を誘引し、発散したフェロモンという成分で作られた媚薬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です