媚薬の種類

媚薬は、いつの時代にもあらわれ、人々を潤してきました。ヨーロッパ中世の高級階級社会でも、大流行した歴史が存在しているように。それらは、香りであり飲み物であり塗り薬であり、さまざまなスタイルのものが揃っています。さて、どんな種類の媚薬が存在しているのか見ていきましょう。

媚薬というものは中世の頃に高級階級の間でもう大流行しました。ドイツの書物より古くか ら世間の注目を集め、今でも珍重されている媚薬についてを集めた文献を見つけました。媚薬の種類については大きく催淫剤、勃起機能改善薬、刺激性物質、性 ホルモン剤、民間の伝承薬の五つの種類が分けます。

 

性欲を増進させる催淫剤

催 淫剤とは性欲を飛躍的に向上させる効果のある媚薬の一つです。フィクションの世界では女性に向けて用いられることが多いですが、男女双方に作用する同じ薬 はよくありますね。催淫効果も確かに100人が100人とも、同じように興奮して、欲情するかと言うと、そこには個人差がある為、その様な事は殆どありま せん。

効能や有効成分が認められている民間の伝承薬

漢方薬や生薬といった、民間の口伝や経験則によって効能や有効成分が認められている薬です。または、性感応呪術による性器食です。アザラシ、オットセイのペニスやウシ、ヒツジの睾丸などが精力増強作用があるとされました(男性用の媚薬)。

勃起機能改善薬

ずばり、男性器の血液の流れを改善してくれる媚薬。
有名な市販薬には、バイアグラ、ヨヒンビン製剤などがあります。
『性ホルモン剤』は性欲を高めたいときに

性器の発達を促進する効果のある媚薬。
これは性ホルモン、エストロゲンやアンドロゲンといわれるステロイドホルモンを生成してくれます。
性欲を高める目的で使われます。
その気になれない人には、もってこいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です