主な媚薬成分のまとめ

媚薬に使用される主な成分についてまとめてみました。

・ヨヒンベ
海外ではペニス増大薬に配合されるなど、一般的に利用可能な有効成分として有名なのです。ヨヒンベは、血流を促進させる効果が高いと言われています。また、便秘解消・ダイエットにも効果がある成分です。何よりヨヒンベには催淫効果があるのです。

・マカ
原産地は南米のペルー。男性のED(勃起障害)やインポテンツ、女性の不妊症や不感症に効果を発揮します。女性はホルモンバランスが崩れることで、性生活を楽しめないこともしばしば。体の中から整えて、楽しいセックスライフを営んでいきたいものです。マカを一度育てた土地は、その後数年に渡って不毛になるほど土の栄養分を吸い上げるため、かなりの栄養価の高さが期待できます。

・人参
媚薬効果、媚薬効果がある五つのハーブ大公開、人参とは朝鮮人参と呼ばれて、自生する多年草です。女性の性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進して、性欲改善剤として知られています。また、代謝を促進する効き目があって、ダイエットにもとてもいい効果があります。

・ガラナ
ガラナは、媚薬の成分として、主に女性の体を活性化する効果があります。敏感度を高め、性欲を向上させることは媚薬の効果を通して達成できます。普段は感じないところまで感じるようになります。媚薬の効果も徹底的に発揮します!

・コラナット
アフリカから性的興奮を刺激する採用がある常緑樹です。中枢神経に興奮作用があって、興奮剤や媚薬としてジャマイカの人に使われています。その中でカフェインやコラニン、テオブロミンが含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です