最近大人気な薬・女性用バイアグラ|即効性媚薬は必要?

ラブグラは、女性用に開発されたバイアグラのジェネリック医薬品で、不感症や性的興奮障害を改善するための薬です。カマグラの女性用で、同じ有効成分シルデナフィル配合のため、作用はバイアグラやカマグラとほぼ同じと考えられます。

服用することで血管の拡張を阻害するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素を阻害するという作用は、男性がバイアグラを服用したときと同じですが、異なる点は血管拡張と血流改善の作用部位です。男性の場合は陰茎でしたが、ラブグラはクリトリスや女性器周辺の血流を増加させることにより、膣分泌液の量を増やすことで不感症を改善します。実証はされていませんが、クリトリスが勃起して感度が上がるとも言われています。

最近では女性の性的な問題がオープンとなり、FSD(女性の性機能不全)やFSAD(女性の性的興奮障害)といった症状への対応は医学的にも真剣に取り組まれています。FSDには、”性的欲求低下障害”や性的行為や接触に対して不快感を持つ”性嫌悪症”、背的興奮が得られない・濡れない・行為中に気持ちが冷めてしまう”興奮障害”があります。また、性行為は可能でもオーガズムを感じられない(マスターベーションでは得られることも)”オーガズム障害”や、ボディタッチや挿入時に膣がけいれんしてしまうなどの”性交時疼痛障害”、性交時に痛みを伴う性交疼痛症などもあります。

背景としては生活上のストレスや経済的問題、過去のトラウマなど精神的な原因がある場合もありますし、加齢や閉経によるエストロゲン減少、抗うつ薬や経口避妊薬など薬の副作用という身体的原因もあります。

注意事項を守ってさえいれば、大きな副作用は少ないです。

多く認められるのは、ほてりや頬の赤らみ、頭痛といった血管拡張に伴う症状で、大半は薬物の効果が消えるにつれて自然に治る程度の軽いものです。ラブグラの薬理作用によるものですので、症状が出たとしてもそれほど心配はありません。

その他、動悸や頻脈、胸痛などの循環器症状、悪心・消化不良・腹痛といった消化器症状、鼻炎や鼻づまり、関節痛や筋肉痛が認められることもあります。

薬との因果関係は明らかにされていませんが、稀に視力低下や視力喪失の原因となる非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)の発現が報告されています。50歳以上、糖尿病、高血圧、冠動脈障害、高脂血症、喫煙などNAIONのリスクを有する方で急激な視力低下・喪失の症状が現れた場合には、速やかに眼科専門医にご相談ください。

性行為中に胸の痛みやめまいが発生した場合は、行為を中断して受診することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です