媚薬の種類

媚薬は、いつの時代にもあらわれ、人々を潤してきました。ヨーロッパ中世の高級階級社会でも、大流行した歴史が存在しているように。それらは、香りであり飲み物であり塗り薬であり、さまざまなスタイルのものが揃っています。さて、どんな種類の媚薬が存在しているのか見ていきましょう。

媚薬というものは中世の頃に高級階級の間でもう大流行しました。ドイツの書物より古くか ら世間の注目を集め、今でも珍重されている媚薬についてを集めた文献を見つけました。媚薬の種類については大きく催淫剤、勃起機能改善薬、刺激性物質、性 ホルモン剤、民間の伝承薬の五つの種類が分けます。

 

性欲を増進させる催淫剤

催 淫剤とは性欲を飛躍的に向上させる効果のある媚薬の一つです。フィクションの世界では女性に向けて用いられることが多いですが、男女双方に作用する同じ薬 はよくありますね。催淫効果も確かに100人が100人とも、同じように興奮して、欲情するかと言うと、そこには個人差がある為、その様な事は殆どありま せん。

効能や有効成分が認められている民間の伝承薬

漢方薬や生薬といった、民間の口伝や経験則によって効能や有効成分が認められている薬です。または、性感応呪術による性器食です。アザラシ、オットセイのペニスやウシ、ヒツジの睾丸などが精力増強作用があるとされました(男性用の媚薬)。

勃起機能改善薬

ずばり、男性器の血液の流れを改善してくれる媚薬。
有名な市販薬には、バイアグラ、ヨヒンビン製剤などがあります。
『性ホルモン剤』は性欲を高めたいときに

性器の発達を促進する効果のある媚薬。
これは性ホルモン、エストロゲンやアンドロゲンといわれるステロイドホルモンを生成してくれます。
性欲を高める目的で使われます。
その気になれない人には、もってこいですね。

媚薬の歴史

媚薬は、「惚れ薬」と呼ばれ、性欲を催させて、恋愛感情を芽生えさせる魔女の秘法の飲料です。英語では、「aphrodisiac」と表記されます。これはギリシア神話の愛と美と性を司る女神アプロディーテー〔Aphrodite〕から由来した名前です。アプロディーテーは雀や鳩です。神聖な生き物としていました。西洋では有名な精力増強食材です。

実は媚薬の歴史は1000年前の古代に遡る、日本では、西鶴の「好色一代男」に牛膝(ごしつ)、車前草、地黄が記録されいていた、古代中国の文献医心方には、茯苓や山薬等の記述があり、また、俳人一茶の「七番日記」にも、淫羊霍(いんようかく)、黄精、竹節人参を掘り、旺盛な性欲を支えたという真面目な記録も今まで伝われていました。

かつては、世界中の至るところでごく使用されていました。しかし、初期のキリスト教会の指導者らは、あらゆる魔術、予言、占星術、薬草学、数学分野までも威圧し、もちろん、このような愛を芽生えさせる魔法の水にも眉をひそめた。 12世紀に入ると、両シチリア国を支配していたノルマン国王ロジャーⅡ世によって、惚れ薬の使用が法律上正式に禁じられた。例え効果のないものでも、媚薬 はすべて悪魔の道具とみなされ、法律上禁止された。

古代媚薬の多くには、普通では考えられないものや、様々な動物の体の一部、人間や動物の血液などの気味の悪い原料がごく一般的に用いらていた。栄養不足が深刻な問題だった太古において媚薬とは栄養価が高く、精力をつけられる食材全般をさしていました。そして性欲を湧かせるものや、EDの改善を目的にして使用される催情剤媚薬がほとんどで、その研究は現在でも続けられています。

現代では科学薬品や漢方などをあわせ多種多様な媚薬が存在しますが、脱法ハーブなどの幻覚作用があるものも媚薬として使用されています。

媚薬の注意事項

最近は女性用媚薬が以前より流行して、購入する女性が増えています。媚薬は性冷淡、セックスレスや不感症、セックス時の愛液が少ないなどの症状を解決するものです。
多くの女性は加齢のせいで、性欲欠乏、冷え症、性不感症、セックスレスなど症状が出て、エストロゲンが減少するとなります。女性にとって、加齢の原因で体内の臓器、器官などが緩やかに衰退して、体質が低下していきます。そして、更年期障害、生理不順、家庭や育児のストレスなど原因を加えて、女性のエストロゲンの減少も仕方ないことになります。人気の媚薬は以上の症状が治療できます。

媚薬の注意事項

1.性欲剤の使用量は多ければ多いほど、性欲誘発効果はもっといいというわけではありません。使いすぎるなら、逆に体によくないです。24時間中の使用量に気をつけてください!

2.妊娠、授乳中方は使用禁止です。

3..ご病気を治療中の方は、必ずご使用前に医師または専門医にご相談下さい。高血圧、心臓疾患、腎臓病、精神不安症、鬱病、のある方は使用できません。

4.ジュースやお酒などの飲み物に溶けて飲むことができる性欲剤が大部分ですが、溶けない性欲剤もあります。服用する前、ご確認ください!

5.合法な性生活に使用し、不道徳の性行為に使用しないてください。

6.クリーム性欲剤の場合、清潔な手で取り、肌に優しく塗布して下さい。

媚薬のタイプについて

媚薬は女性の性欲欲望を引き起こすものです。女性が催淫剤を利用することで、男性とセックスしたいという気持ちになりやすいです。そのほか女性が更年期障害等で濡れにくいとか、感じにくいとか、この性の悩みを改善することもできます。女性専用媚薬の歴史が長いです。歴史的には、刺激性物質の入った食材が媚薬とされることが多く、玉ねぎなど一般的な食材も媚薬扱いされていた時代もあったのです。この刺激性物質は近代の媚薬の成分になりました。この刺激性物質から、刺激性成分を抽出して、作られたものは媚薬です。

そして媚薬には3つのタイプがあります。

飲むタイプの媚薬は行為の直前(30分~60分前)に服用するものが多いです。中枢神経への刺激により、血行を促進し、女性の性的興奮を促し、分泌物が多くなって、感度も上がります。分泌物が少ない、不感症などを改善します。

塗るタイプの媚薬は、性器に直接塗って使います。これは性器を直接刺激することによって感度を高める効果があります。女性ホルモン不足、アソコ愛液不足、乾燥や性交痛など病気に良い治療効果があります。

香水タイプの媚薬は動物や昆虫では雌が雄を誘引し、発散したフェロモンという成分で作られた媚薬です。