女性用媚薬の種類についてまとめました!

媚薬は、いつの時代にもあらわれ、人々を潤してきました。ヨーロッパ中世の高級階級社会でも、大流行した歴史が存在しているように。それらは、香りであり飲み物であり塗り薬であり、さまざまなスタイルのものが揃っています。

以下では女性用媚薬の種類について簡単に分別してご説明しています。

★液体・錠剤・粉末の飲むタイプ

AV女優が愛用しているとされる媚薬の中で、最もポピュラーだったのがこの飲むタイプの女性用媚薬。飲むタイプの女性用媚薬ではリキッド(液体)タイプや錠剤・カプセルタイプがあります。

液体タイプはより即効性が高い場合が多く、錠剤・カプセルタイプは効果まで時間がかかりますが、より長く効果を実感できるという特徴があります。

・メリット

数が多いので選ぶことができる

最も実績のあるタイプの媚薬

オーガズムに重要なホルモンバランスや自律神経を整える

アルコールとの相性が良い

・デメリット

効果が現れるまで時間がかかる場合がある

食事の内容に影響される場合がある

成分によっては妊娠中の女性に悪影響

★クリームの塗るタイプ

基本的に女性の性器や乳首など刺激がほしい場所に塗るタイプの媚薬になります。殆どの媚薬は、乳首や全身に使用しても問題ないものが多いのですが、少し刺激の強いクリームの場合は口に含んではいけないものもありますので注意が必要です。

女性の方が気になる匂いや味についてですが、多くの商品が無味無臭だったり、甘い香りや味のするものばかりですので気にする必用はありません。

不感症に悩む女性や、性行為の度に痛みを感じてしまう方に試して頂きたい媚薬になります。

・メリット

即効性が高い

オーラルプレイの性的快感の助長

性感帯に直接刺激を与えることが可能

・デメリット

成分のバリエーションに乏しい

性欲を医学的に上げるような効果はない

効果が男性側のテクニックに依存する

★香水など付けるタイプ

付けるタイプの媚薬は、香水のように付けることが出来る手軽な媚薬です。付けるタイプの媚薬は、性的な効果だけでなく、対人関係の向上効果がある媚薬もあります。また効果が数時間と長く持続します。しかし、他の媚薬より強力な効果はあまり期待できません。香りがよいものが多いですが、無臭で香水と併用できるものもあり、性的関係以外にも人間関係を密接にしたい場合にもお勧めです。

・メリット

デートや合コンなどに気軽に利用できる

男性自身が使うため、女性の合意がいらない

使う場所・機会を選ばない

・デメリット

成分のバリエーションに乏しい

効果には医学的に疑問が残る